早川友和建築設計事務所
TOMOKAZU HAYAKAWA ARCHITECTS

3-26-17-1F SENDAGI BUNKYO-KU TOKYO JAPAN T/F +81.3.6874.2997 info@thykw.com
 
 

036_01.jpg

OVULE

This is a small house in a residential area in Tokyo. We set large windows on the open south side and set a green screen as south facade by making planter boxes on each floor. The ceiling at the window is mirror finished, it functions as a device that green captures inside the room. The eaves were deeply attached to each floor, the void was divided by the planters. Keeping an appropriate distance with neighbors, we just imagined a meditation space that can live together with GREEN plants in small streets. We thought here is not 'modest living' of 'small dwell' but a 'BIG LIFE' of 'SMALL DWELL'.
In addition, we actively worked on converting housing equipment to IoT. By combining the voice devices such as Google Home, Amazon Echo, hubs and smart devices, client is able to start PS4 with voice, the gas heater automatically starts at 6 o'clock in the morning of 10 degrees Celsius. These smart devices were adopted from crowdfunding products that can control existing home appliances and furniture in voice device. We presented to client all controls of infrared, Wi-Fi and Bluetooth on cloud, such as remote controller, opening and closing curtain, bot pressing analog switches.
A space that has both "rough" and "fine" controlled. The blinds are automatically opened and closed with the sun, air conditioned are finely controlled at right temperature. Outdoor plants keep proper distance from thickly housed area. We combined with plants and IoT to make the buildings themselves like living tree. and we thought we could make a soft protected space like the "OVULE" of the pistil.

めしべの家
23区内の住宅地に建つ狭小住宅である。抜けのある南面に大開口を設け、そこに各階プランターボックス型のバルコニーをつくることでファサードに緑のスクリーンを拵えた。窓際の天井は鏡面仕上にし、室内に緑が入り込む装置にしている。庇は各階に深くつけ吹き抜けを分断してプランターを配置した。私たちは隣家と適切な距離を保ちながら雑多な町並みの中で植物と一体に生活できる空間を想像した。'小さなすまい' の '慎ましやかな生活' ではなく、'小さな住まい' の '大らかな生活' が出来ないかと考えた。
また住宅設備のIoT化を積極的に取り組んだ。音声デバイス、ハブ、端末を組合せることで、音声で寝室からリビングのPS4を起動する、10℃以下の朝6時にガスヒーターといったオートメーションを可能にしている。端末には既存の家電や家具を音声コントロール出来るようなクラウドファンディング系のニッチ商品を採用している。既存リモコンのクラウド化するボット、カーテンの開け閉めするボット、アナログスイッチを押すボットなど利用し赤外線からWiFi, Bluetoothまですべてのコントロールをクラウドで一括管理をしている。
大らかさと精密さを持ちあわせた空間。太陽に合わせて自動でブラインドが開閉し、適温に空調管理され繊細にコントロールする。屋外の植物が木造密集地と適当な距離を保ち、植物に包まれるような大らかに空間を作る。私たちは植物とIoTと組合せることで建物自体が生きている樹木のようになり、雌しべの子房のような柔らかく守られた空間が作れないかと考えた。

YEAR : 2017
CATEGORY : PRIVATE HOUSE
AREA: 90SQM/3F/STEEL
PLACE : TOKYO JAPAN
DESIGN: TOMOKAZU HAYAKAWA, SHINYA KOMATSU
CONSTRUCTION: TH-1
MainPage   |  Next >